看護師なんかもう嫌だと思う時

誰にでも仕事が嫌になる瞬間はあります。私たちは誰しも好きで好きで仕方がない気持ちで働いているわけではありません。働いていると辛いと思う瞬間も多くあるでしょう。
それは看護師も同じです。むしろ、他業種よりも超専門的な知識やノウハウが求められる職種であるこの看護師という職業に関しては、もしかしたら嫌になってしまうことが多いかもしれません。
その時は転職サイトを使っての転職によって環境を完全に変えることで自身の周囲の状況を変えるという方法をとる必要があるかもしれません。
その転職は、別の病院、施設に身を移すという方法や、そもそも看護師とは別の職業に変えることも考えなくてはいけません。看護師から退く人の数は決して少なくありません。


看護師である自分

そもそもなぜ看護師になろうとする人がいるのでしょう。看護師以外にもこの世にはごまんと職があって、それぞれを選ぶ人もいます。その中でも、看護師というとびきり特殊な仕事を選ぶに至る心思い。そもそも選ぶ人はどのような人なのでしょうか。
それは一つに、献身的な行いに対して嫌悪や嫌なものを感じない人だということが言えるのではないでしょうか。看護は完全に人に尽くす種類の行為です。ある程度自分の意思を殺して、人に献身的な眼差しを向ける必要があります。
(こんな記事も読まれています:看護師向けの安心サポートで転職を楽に

自分、というコンテンツを消費して、他人の健康を作るのです。これは簡単なことではありません。自分より相手を思いやるのは誰にでもできることではありません。相手を赦して、受け入れる必要があります。これには自分の中で大きく一本幹を通しておく必要があるでしょう。
自分が無い人が、他人に意志を向けることができるわけがないです。


自分を殺すということ

自分の意思を尊重するということには、時間やお金が必要になってきます。
口コミの評判が良いあの映画を見に行くのにも時間がいりますし、時間の自由がきいてもお金が無いと行動できないことがあります。
そもそも、そこまでにも到達することができないのが看護師という仕事で、自分がとれる選択肢が極端に狭まってしまいます。夜勤、残業、それらの影を感じながら働いているのが看護師という仕事で、そのためにはどうしても自分のあれをしたいこれをしたいを犠牲にする必要があり、それには覚悟を求められます。
誰しも自分の意思を完全に殺すことはできず、欲望は存在します。程度の差はあれど、何かを犠牲にがんばっていると思えば、看護師を見る目も多少変化するのではないでしょうか。